鳴(なるこ)子
 
    
全国のよさこい人の皆さん。「やまもも工房」の
 は私たちが作りゆうきねぇ。


 
  1. 板を引く

 十分に乾燥させた土佐ひのきの表面にかんなをかけます
   2. 鳴子の型に削っているところ

 職人の技の見せ所です
 
 3. 棒の台を取り付ける

 1ミリが大切な作業です
   4. 下塗りの乾燥

 朱色の鳴子も、丁寧な下塗り作業があってこそきれいな仕上がりに
 
 5. 本塗り作業    6.棒を引く作業
 
 7.棒の長さをそろえて切る    8. 棒に穴をあける

 穴の角度は棒のバランスに微妙に影響するので神経を使う作業です
 
 9.鳴っ子ホン(弊社オリジナル)の棒   にビスを取付けているところ    10.最後に棒を組んで、バランスを確かめて完成

| トップページへ戻る | 佐つむぎ | (なるこ) | 土佐和紙 | ご注文 | 鳴子アクセサリ |
Copyright (C) 2000 Diamond Kankou Business Co., Ltd. <yamamomo@yosakoinaruko.net>